門馬登喜大 生活改善カウンセリング
(MOMMA HEALTH COUNSELING)

門馬登喜大 生活改善カウンセリング 体験者様の声

毎日知らないうちに忍び寄る健康不安や病気。何が原因でどうすれば良いか知りたくありませんか。門馬先生によりますと、病気とはあなたが健康だから出る注意信号なのです。その注意信号を無視、あるいは軽く見ると取り返しがつかなくなる事が往々にしてあります。実は、取り返しがつかなくなるということはないそうです。
気づいたときから改善すれば良いのですから。
まず、何が原因なのか徹底究明して、その原因を取り除き、さらにどうすれば良いか、健康を取り戻すためにご自分が何をすべきなのかを個別面談方式で、門馬先生が懇切、丁寧にアドバイスします。

  • 対 象:ご自分でご自分の健康を守りたい人。健康で、若々しく、長生きしたい人
  • 内 容:アメリカ・インド・日本で学んだ自然療法の立場から、徹底した原因究明と生活習慣の改善をアドバイス致します。
  • 相談時間は、2時間~3時間かかります。

体験者さんの声

Q いつ、どのような状態でしたが?
aj_kenko1始め異変に気がついたのは18歳の時です。そのころ野球部に所属していて、確か冬休みに入る時期だったと思います。右の首あたりがぽこっと腫れており、痛みはありませんでしたが違和感があったのを覚えています。

疲れたら腫れることもあると聞いていたので、違和感はありましたが、2~3日ほっておけば治ると思いそのままにしていました。痛みはありませんでしたが、2~3日しても治らず、その間色々考えてしまい恐怖などもありあました。

町医者に行きましたが、ここでは解らないと言われ、大きな病院に行き診断して頂きました。ペット検査をした結果、悪性の状咽頭癌と診断されました。右の首は転移のため腫れており、左の方にも転移していた様です。

Q そのときは何期でしたか?
恐くて聞けませんでした。お医者さんに始め父親が呼び出されました。頑固おやじの父は、絶対に普段は感情を表情に出さない人だったのですが、涙ぐんでいるのを見てこれは冗談ぬきで大変な事態だと実感しました。18年間の人生で死にたいする意識がまったくなかったので、いっきに真っ暗になったのを覚えています。

Q 診断後、どのような治療を進めていきましたか?
まず入院し、全身断面図を撮り、どこに癌があるか検査しました。首より下は異常ありませんでしたが、上咽頭、両リンパに癌がありました。手術出来ない場所もありました。抗がん剤で小さくしてから放射線治療をしましょうと言われました。その時はそれしか道がないと思っていましたし、言われた通りやっていました。

Q 何クール抗がん剤、放射線治療をしましたか?
抗がん剤は、1週間を1クールだとして3~4回位やりました。月~金曜日までは軽めで体を慣らし、土・日曜日で強いのを流していました。

Q 髪の毛は抜けましたか?身体の変化は?
抜けましたね。1クール目は大丈夫でしたが。吐き気も少なかったのですが、2クール目から吐き気が激しかったです。24時間ずっと、船酔いや車酔いに似たような吐き気がずっとしていました。最初は、吐き気だけだったのですが、そのうちに朝起きたら枕周りに髪の毛がびっしりついて抜け落ちていました。笑うしかなかったですね。

Q 順調に癌は小さくなって行きましたか?
順調に小さくなって行っていたと思います。

Q 門馬先生との出会いは?
奇跡と言うか、偶然中の偶然だったのですが、門馬先生の身内の方(Sさん)がヘルニアの手術か何かでたまたま同じ病室でした。同じ病室と言う事もあり、挨拶をするようになりました。ある日、Sさんが猪突猛進みたいな感じでザーっと僕の所に来られたんです。その時、僕は病室でコーラを飲んでいました。その頃、ご飯はほぼ食べられず、看護部さんなどからは、「食べたい物や食べられる物、とりあえず好きな物を食べたら良いよ」と言われていましたので、コーラを飲んでいる僕に「あのね、こんなの飲んでたらダメだよ。」っていきなり怒られビックリしました。「今度私が美味しい水をあなたにあげるから」と言われ、それが門馬先生に出会うきっかけとなりました。

次の日くらいに、僕が検査から病室に戻ると母親とSさんが話しているのが見えました。母親が号泣していたので、初めはひどい事を言われているのではと思い、恐る恐るその場に行ってみました。私の母親は、とにかく僕の病気を治したくて必死にインターネットなどで調べており、治す方法を探していました。その母親が捜していた方法をSさんが知っており、母親は探していた物がやっと見つかったと感動で泣いていたとの事でした。

僕はそのことを後で教えてもらい、抗がん剤・放射線治療を終えてからでもいいので、1度門馬先生に会ってみてと言われました。

はっきりした時期は覚えていないのですが、放射線治療が終わった頃か、退院する間近かにお会いしました。

Q 先生から直接どのようなアドバイスがありましたか?
門馬先生とお会いしたときはすでに実践していました。その前に、門馬先生の直筆のアドバイスが書いてあった紙を3枚程頂きました。食べて良い物、ダメな物など書いてありました。

具体的に言いますと、根菜類、海の物、旬の山菜、玄米は必須で、水は1日2リットル。そしてサプリメントなど沢山書かれていました。

Q 先生のアドバイスは今までの生活と大きく変化しましたか?
全部変えました。徹底的に!

Q 以前と特にどこが代わりましたか?
以前は、お肉は大好きでした。牛乳は良かれと思い1日1.5リットル飲んでいました。牛乳は本当によく飲んでいました。マンガなどで牛乳パックをがぶ飲みするシーンがあり、それに憧れてよく実践していました。

それが良くないと聞いて、はっとしました。アドバイスを頂いてからは、牛乳を飲むのをすぐに辞めました。

Q 先生と話をしてみて気持ちの変化などありましたか?
実は、僕はかかっていた病院の先生があまり好きではありませんでした。癌になり、死ぬ、死なないと言う事に直面した時に、本当の所はどうなのかが知りたかったです。病院の先生も色々おっしゃられたのですが、本当の所がみえなくて、変な話と言いますか、とても変な言い方なのですが、奥底では本当は治す気がないんだろうなって、なんか感覚なのですけが、病院の先生の話し方や態度から思いました。パソコン見ながら話していて、僕のほうを見て話さないし、本当に治そうという気持ちが伝わってきませんでした。本当の所は解りませんが、僕はそうゆうふうに感じていました。

Sさんと会った時は、なんとかして僕を治してあげたいって思って下さっていると伝わってきたし、門馬先生とお話しさせて頂いたときも同じで様な気持ちが伝わってきました。だから180度徹底的に変えようと思いました。

Q 治るって気持ちにもなれましたか?
そうですね。門馬先生と話した時に自信120%くらいで言われたので。

しかし、全く疑わなかったと言ったら嘘になりますが、お医者さんがうやむやにして言わないようにしていたことをズバズバ答えて下さったので気持ちは変わりました。例えば、まず治るのか治らないのかです。お医者さんは、治るのですか?治らないのですか、と聞くと、解らない、やってみないと解らないなどと濁していました。通院期間を聞いても、経過をみないと解らない、「治るとて言ってはいけないんですよね」と言いながら、その奥で本当に治す気があるのかなと疑ってしまっていました。

門馬先生はズバズバと答えて下さい、すごく安心したのもそうですが、この人を信じてやってみようと思いました。

Q 今までとは違う方法で、戸惑いなどありましたか?
治そう、治したいと言う気持ちが僕自身、本当に強くありました。食生活などを切り替えるのに、抵抗感はありませんでした。それよりも必死でした。

Q 生活を変えて、何日後くらいに実感しましたか?
生活を変えた当初は、放射線治療も30回以上終わった後だったのですが、後頭部の髪の毛はほとんど抜け落ちており、全体もすごく薄く、鼻毛、ひげも無くなっていました。顔だけむくんでいて、変な痩せ型をしていました。それから放射線で焼かれていたので、味覚が全くなく味が解らない状態でした。

3カ月後位に、吹き出物、ニキビの様な物が全身に出て、それが治り始めているころから大きな変化を実感しました。髪の毛や鼻毛などが生えてきて、味覚も戻ってきました。1年くらいは、味覚は戻ってこないと言われていたのですが、3カ月後に味が解るようになりました。

Q 御通じはどうでしたか?
aj_kenko2凄かったですよ。サプリメント、水、食生活を変えてから、この位(肩幅くらいの大きさ)大きいのが3秒位でするっと出る様になりました。

Q 最後に闘病中の方や、闘病中に勇気づけられた言葉などありましたら教えて下さい。
一言では言い表せませんが、解らない事があれば全て納得いくまで聞くことを勧めます。

闘病中はなんでも重みに感じてしまったのですが、門馬先生に初めてお会いしたときに「君はほぼ治っているよ」と嘘ではなく自信満々に言われた時にすごく助けられました。嘘では無く、心の底から100%の真実だけをおっしゃられている門馬先生だから信じられました。言葉に心が表れていました。

これからどの様な治療をするかなど決める場面で、その治療方法を勧めてくれているお医者さんが、本当は何を思っているのかしっかり見極めて決めてほしいと思います。
aj_kenko3

スタッフより

突然なお願いにも関わらず快く、とてもプライベートなお話を、お聞かせ頂きまして本当に有難うございました。皆様が少しでも勇気づけられ、元気になってくれたら、との思いで今回インタビューに答えて下さいました。現在はご自身の夢に向かって日々チャレンジをされているご様子でした。ありがとうございました!!

image_pdfimage_print